FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとう。大好き。

ねむるちゃん、8月11日の明け方4時23分に
旅立ってしまいました。
14歳の誕生日の4日後のことでした。

おねいちゃんね、ねむるちゃんが10歳になった頃から
「14歳」ってなぜか思ってたの。
それが、14歳までは大丈夫って意味なのか、
14歳にお別れするって意味なのかはわかんなかったけど、
とにかく「14歳」って頭のなかにあった。

でも、7月2日にねむるにリンパ腫が見つかって、
抗がん剤が効かなくて、
水も食べ物も口にしなくなって、
自宅の酸素室から出られなくなって、
何度も発作が起きて、
往診してくれた獣医さんから「あと1週間くらいかも」と言われて、
14歳を迎えることはできないんだ、って目の前が真っ暗になった。

でも、ねむるちゃんは、ものすごくがんばってくれた。
食欲を取り戻し、毎日もりもりいろんなものを食べてくれて、
もしかしてリンパ腫治った? なんて思ったくらい。

そして8月7日、14歳の誕生日を迎えられたとき、
おねいちゃん、ほんとうにうれしかった。
でも、すごく怖かった。
もうすぐねむるちゃんがいなくなってしまう気がして…。
そうしたら、ほんとうにそうなっちゃった。
誕生日の次の日から容態が急変してしまった。
そして、誕生日の4日後、旅立ってしまった。
ねむるちゃん、おねいちゃんとの
「14歳」っていう約束を果たすために、
ものすごくがんばってくれたんだと思う。
酸素室から出られなくて、
体が動かなくて寝たきりになったのに、
ねむるちゃんは怒ったりヒステリーを起こすことは一度もなかった。
すごく苦しくてつらかったはずなのに、
おねいちゃんを心配させないように
ギリギリまで元気なふりをしてくれたんだと思う。
なんてやさしくて強い子なんだろう。

リンパ腫が見つかってから、旅立つまでの40日間は、
あまりにも速くて、激しくて、濃くて、現実感がなくて、
先のことなんてまったく考えられなかった。
いま、ねむるちゃんに喜んでもらうこと、
いま、ねむるちゃんに少しでもラクになってもらうこと、
いま、ねむるちゃんが望んでいることをすること、
とにかく「いま」しかなかった。
40日間のことは、とても言葉にはできない。

どうしてもっと早く病気に気がつかなかったんだろう、って
おねいちゃん、ずっと自分を責めてる。
ねむるちゃんに苦しい思いをさせてしまったこと、
ほんとうに申し訳ないし、つらくてつらくて胸が潰れてしまいそう。

でもね、旅立ったときはしょんぼりしていたねむるちゃんのお顔が、
次の日、火葬に行く前には、にっこりとした笑顔になったの。
ほんとに楽しそうに、うれしそうに、満ち足りたように
にっこりと笑ったお顔になったの。
「ねむる、幸せだったー」って言ってるように見えた。
その笑顔が、ねむるちゃんからのメッセージだと思っていいよね?

いまもまだ、おねいちゃんは悪い夢のなかにいるみたいです。
ねむるちゃんがいないことが信じられないし、受け入れられない。
どうしよう、ねむるがいない、どうしようどうしよう、っていつも思ってる。
これは現実なんだ、って思ったら心臓が止まりそうになる。
ずーっと泣いてる。
ねむるがいない世界で、どうやって生きていけばいいかわからない。

14年間、ねむるちゃんはおねいちゃんを幸せにしてくれた。
おねいちゃんを笑顔にしてくれた。
おねいちゃんをやさしい気持ちにさせてくれた。
それだけじゃない。大切なことを全部教えてくれたのもねむるちゃん。
おねいちゃんね、
ねむるちゃんは天使で、神様の使者だったんだと、本気で思ってる。

ねむるのすべてが大好きだった。ただただかわいかった。
ねむるが生まれてきてくれてよかった。
ねむるに会えてよかった。
ねむると一緒に暮らせてよかった。
ねむるを看取れてよかった。
こんなにかわいくていい子が、
おねいちゃんの子になってくれたこと、奇跡みたいだと思ってる。
ねむるとの14年間は、ほんとうにほんとうに幸せだった。

「ありがとう」と「大好き」をいくら言っても言い足りないよ。

ねむる、ありがとう。
ねむる、大好き。


nemuru190824.jpg

↑ねむるが旅立つちょうど1ヵ月前に撮った写真
 ねむるちゃんとおねいちゃん

とりとめのない文章になっちゃった。
もう少し時間がたったら、また改めて書きます。

| 日々 | 20:29 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゆずこです。

ねむるちゃん、旅立ったんですね。
おねいちゃんにたくさんのものを残して。

読みながら涙がぼろぼろこぼれてしまいました。
もちろん、会ったことは無いけど、ねむるちゃんと
おねいちゃんは私にとってほぼ日常というか、何年も
時々更新されるお楽しみだったから。

おねいちゃんの思うところに、そうなんやろうなぁと
何度も読み返しては涙が出ます。

でもね、ねむるちゃんがしょんぼりしたお顔からにっこりしたお顔になったこと。ねむるちゃんもおねいちゃんとのお別れでしょんぼりしちゃったのかも知れないけど、きっと色々なことを思い出してにっこりのお顔になったんだと思います。

ねむるちゃんとおねいちゃんの写真、とっても素敵です。ものすごくいろいろなものが伝わってくるよ。
お互いの思いやりというか、信頼があふれてる。
一緒にいて幸せってのがあふれてる。ぴったり寄り添って。

こちらもとりとめなく記しました。

ねむるちゃん、バイバイまたね。
ねむるちゃんとおねいちゃんは、ゆずとゆずこの憧れの
パイセンだよ!




| ゆずこ | 2019/08/25 00:11 | URL |

このブログの雰囲気と、ねむるちゃんが好きでした。
ねむるちゃんがいなくなったこと、とても寂しいです。
おねいちゃん様が大切にしてたから、キャバリアにしては長生きしたのでは・・・
ねむるちゃんは愛され続け、しっかり生き抜きましたよ。
おねぃちゃん様は、自分の心身をいたわってください。
いつの日か会えます。
わたしにも、いつの日か再び会えるこがいます。
その時は泣き笑いで抱きしめたい・・・

| 読者М | 2019/08/25 09:26 | URL |

初めまして

ねむるちゃんに対する愛情たっぷりのこのブログを読むのが大好きでした。
ねむるちゃん、おねいちゃんありがとう

ねむるちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

| シャビママ | 2019/08/25 14:16 | URL |

おねいちゃんさん、はじめまして。

お悔やみを申し上げたくてコメントします。

ブログとインスタ、ひっそり楽しみに拝見していました。
これまでねむるちゃんとおねいちゃんさんにたくさん癒やしてもらっていました。
ありがとうございました。

ねむるちゃんのご冥福を心からお祈り致します。





| のあ | 2019/08/25 22:20 | URL |

ねむるちゃんありがとう。

ねむるちゃん、おにーちゃんのブログのときからずっと大好きだったよ。
かわいいねむるちゃんに会いたくて、おねいちゃんのブログも何回読み返してるかわからないよ。
初めて見せてもらったおねいちゃんとの2ショット。ねむるちゃんの幸せな犬生を改めて見せてもらった気がしたよ。
最後まで健気でかわいい良いこだったねむるちゃん、会ったこともないのに、いなくなっちゃったなんて信じられないし寂しい。

きっと天国でにこにこしてるよね。またどこかでひょっこり会えたら嬉しいです。本当にありがとうね。大好き。

なんだか言葉がうまく出てこなくて変な文章ですみません。おねいちゃん、こんな時にお知らせいただいてありがとうございました。おねいちゃんが綴るねむるちゃんは最高に可愛かったです!

| ジルとパロマのねーたん | 2019/08/27 14:00 | URL |

お悔やみ申し上げます

はじめまして。

お悔やみ申し上げたく書き込ませて頂きます。

私はとにかくねむるちゃんが大好きで、初期の頃から密かにお邪魔させていただいておりました。
ですので、もはや半分我が子のようで・・・

私が犬ブログを始めたのはねむるちゃんのおかげなんです。
ねむるちゃんの笑顔や言葉遣いに惚れ、私も綴ってみるか・・・と。
ねむるちゃんがいなかったらブログはやっていなかったと断言出来ます。
今は多忙すぎてお休みしておりますが、ねむるちゃんが更新したら頑張って更新しよう!と思っていた矢先の事で言葉もございません・・・

ねむるちゃん、本当にありがとう。

おねーちゃん、おにーちゃんにいっぱい愛されて幸せだったね。
会ったことの無い人からもブログを通していっぱい愛されてたんだよ。


うちもトライキャバの女の子です。
タベルンジャーの意志はうちの子も継いでいくよ。

どうか、安らかにお眠りください。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。

| マ・クベ | 2019/08/30 11:42 | URL |

ゆずこさんへ

ゆずこさん、ありがとう。

ねむるは、私に幸せと笑顔をくれて、
大切なことを全部教えてくれて旅立ってしまいました。
そして、かわいくて小さな体に、
私が抱えているものを全部背負ってくれました。
旅立つまでのあいだ、いろいろと不思議なことがあって、
ねむると私は出会う運命だったんだなあ、と思っています。

ゆずこさんの住所は変わってませんか?
落ち着いたらお手紙書くね。

ゆずこさんとゆずちゃんが幸せでありますように。

| ねむるちゃんのおねいちゃん | 2019/09/06 10:32 | URL |

読者Mさんへ

読者Mさん、ねむるを好きになってくれてありがとうございます。

ねむるはほんとうにかわいくて性格がよくて、
怒るということを知らなくて、
最後まで自分に起きたことを文句も言わずに受け入れていました。
私に、生きることと死ぬことがどういうことなのか、
小さくてかわいい体で教えてくれました。
いまはもう、別々の場所で暮らしているけれど、
またねむると会えるのを心待ちにしています。

読者Mさんにも、再会できる子がいるんですね。
そのときは、お互いに大事な子をぎゅうっと抱きしめましょうね。

| ねむるちゃんのおねいちゃん | 2019/09/06 10:41 | URL |

シャビママさんへ

シャビママさん、
ねむるのブログを見てくれてありがとうございます。
ねむるは息を引き取った途端、
キラキラしたものになって、
シッポをぶんぶん振りながら天に駆けていったような気がします。

8月にやってきて、8月に天に帰ってしまった
ひまわりの天使ちゃんなんです。

| ねむるちゃんのおねいちゃん | 2019/09/06 10:45 | URL |

のあさんへ

のあさん、ブログとインスタを見てくれてありがとうございます。

あんまり更新しなかったけど、
ねむるちゃんを好きになってくれた人がたくさんいて、
ねむるも私もとっても嬉しいです。
ねむるは私だけじゃなく、のあさんの癒しにもなっていたんですね。
ありがとうございます。
ブログとインスタをやってよかったです。

| ねむるちゃんのおねいちゃん | 2019/09/06 10:51 | URL |

ジルとパロマのねーたんさんへ

ジルとパロマのねーたんさん、ありがとうございます。
おにーちゃんのときのブログも見てくださっていたんですね。

ねむるは最後までタベルンジャ―として立派に生きました。
体が不自由になって、酸素室から出られなくなっても、
文句ひとつ言わずに、大好きな焼き芋を嬉しそうに食べてくれました。
最期は、おねいちゃんとおにーちゃんに撫でられながら
旅立ってしまいました。
いまは別々のところにいるけれど、また会えると信じています。

| ねむるちゃんのおねいちゃん | 2019/09/06 10:59 | URL |

マ・クベさんへ

マ・クベさん、ありがとうございます。
キャバい三連星のマ・クベさんですね。
ブログ、ときどき拝見してました。
ねむるのことをブログに書いてくださってありがとうございます。
とっても嬉しいです。

ねむると私のゆるーいブログに、
まさかそんな影響力があるなんてびっくりです。
ねむるはたくさんの人に愛されて、かわいがられていたんだなあ、と
いまさらながら知りました。
ねむるのことを誇らしく思うます。

タベルンジャ―の意志をしっかり引き継いでね。
マ・クベさんの大事な子たちが幸せでありますように。

| ねむるちゃんのおねいちゃん | 2019/09/06 11:07 | URL |

ゆずこの住所は、変わってないですよ!

| ゆずこ | 2019/09/07 12:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nemuru0807.blog6.fc2.com/tb.php/544-ba00e020

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT